【uber eats 京都エリア】登録前に必見!配達可能エリアと稼ぎや店舗

2018年7月に対応開始した京都エリアのUber Eatsで気になる稼ぎや配達エリア・店舗など登録前に必見の情報をまとめました!

Uber Eats(ウーバーイーツ)京都の配達エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)京都の配達エリアの変遷を追ってみました!
京都のUber Eats対応エリア拡大の変遷

2018年7月〜
上京区、中京区、下京区、東山区を含む一部地域
2018年12月〜
右京区、南区を含む一部地域
2019年9月〜
少しエリア拡大(右京区の西側と伏見区のくいな橋や稲荷の周辺)

2019年9月の僅かな京都市内のエリア拡大は、公式サイトにも掲載がなく、配達パートナーさんのツイートのみで確認できました。

京都エリアの営業時間

午前9時から深夜0時まで

京都エリアのUber Eats加盟店と注文可能店舗の確認方法

こちらからご自宅の住所を入力していただくと、配達可能な加盟店が表示されます。

注文可能なメニューも店舗別で変動しますので、このお店のこの商品がオススメ!と言いづらいです。

Uber Eatsは自宅からの距離で配達可能なお店が制限されていますので、
先程のURLに住所を入力して表示された店舗が基本的な注文可能なお店です。

一部例外もあります。

注文可能店舗の条件
  1. 配達可能な距離にあるお店
  2. お店が営業時間中
  3. Uber Eatsの営業時間中
  4. お店が受付可能にしている時間帯

配達可能な距離にある店舗でも2−4の条件に合致しないと表示されません。

そのため、アプリかWebでご自宅の住所や勤務先の住所を入力してみてください!配達可能エリアの加盟店が表示されます。
先程の営業時間などで一部加盟店が表示されない場合もありますが、基本は表示された店舗が配達可能店舗です。

京都エリアの稼ぎについて

京都エリアのUber Eats配達パートナーとしての稼ぎについて調査してみました。

🌰 :栗の絵文字はクリ→クリアを指します。回数クエストのクリア実績です。
12🌰:12目標のクエストをクリアと言う意味です。


11:00~14:30の3.5時間稼働で12回配達(配達報酬4500円)+2500円×2のインセンティブ=9500円(時給換算約2714円)ということになります。
効率よく稼げていますが、雨インセが加わっているので稼ぎやすい日だったとも思われます。


こちらの方は1年ぶりの稼働のようで、またぎインセンティブが付与されていないようですが、10時間稼働で9500円程度とやや渋いですが、またぎインセンティブが付与されていると、だいたい1配達あたり100円は加算されますので、+2300円くらいは本来積み増しができるはずです。またぎインセンティブが付与されていれば1200円くらいは超える時給換算になります。

https://twitter.com/daisukeUbereats/status/1187599998776565760
こちらの方は3.5時間稼働、4400円(時給換算1257円)ですが、この数字にはクエストのクリアは含まれていないので、6824円の時給換算約1950円と効率よく稼げています。


約6時間稼働で時給換算1137円という結果です。


少し古い情報ですが、11時間稼働でクエストのインセンティブを含んで日給13500円で時給換算1227円という結果です。

Uber Eatsの稼ぎは、日や稼働エリアで大きく異なりますが、京都エリアでの稼働は時給換算で1000円-1200円、最大で2000円程度を叩き出す日もあると考えられます。

京都エリアで稼ぎを増やすおすすめの待機場所

稼ぎを増やすためには、配達回数の回転を上げることが基本です。

配達の時間を短縮する方法は様々ありますが、限界もあります。
その反面、待機時間は最もロスに関わる要素ですよね!

より配達リクエストを増やす待機におすすめの方法をまとめてみます。

効率的に稼ぐための待機の場所
  1. お店の前
  2. 駅と駅の間(お店の多いエリアとエリアの中間)
  3. 移動し続ける

1:通称地蔵。お店の前やお店の近くで待機することを指します。
地蔵はあまりオススメできません。

※以下、推測を含みます。

最近配達パートナーの間でささやかれているウワサがあります。

「停止しているよりも、動いている方が配達リクエストが鳴りやすい。」

お店前で待っている人にリクエストが鳴るのではなく、近くで移動している人にリクエストが鳴ることがあるためです。
要は、地蔵して待っているのに、他の配達パートナーがどんどんピックに来るのに、自分にはリクエストが来ない、そんな感じです。

Uber Eatsの配車AIがどのようなロジックで配達員を選んでいるか、当然の如く非公開です。
なので真相は不明です。

真相は不明ですが、、、
配達リクエストを増やすためのコツとしては、待機中に駅と駅の間にゆっくりでもイイので移動してみる事です。

最近、自宅で待機していたり、店前で待機している人に露骨にリクエストが鳴らなくなっているというウワサが広まっています。

配車AIが停止している人を避けている可能性もあります。

となると、ベストは2のお店が多い地域と地域の間にゆっくりでもいいので移動するのがベターでは無いかという推測です。

お店からの距離がある程度(数100m程度?)無視されるのであれば、移動しながらお店が集中しているエリアの中間に移動すると2エリアのリクエストを受けられる可能性が高まります。

3の移動し続けるのも(自転車なら)体力か、(バイクなら)ガソリンを消耗します。

もし、リクエストが途絶え、待機をするのであれば、とりあえずゆっくりでOKなので、
店舗が多めのエリアとエリアの間を目指して移動するとベストだと私は判断しています。

※信じるか信じないかはあなた次第!ウワサをベースにした推論なのでこの記事で行動をされて稼げない!といったクレームは、ごめんなさい、ご容赦ください。

上記の有志の方が作ったUber Eatsの加盟店リストですが、Uber Eats側の諸事情で2019年2月に更新を停止してしまわれましたが、おおよその加盟店の多いエリアを把握できます。

三条や祇園四条付近の河原町商店街付近に加盟店が多いようで、配達リクエストが少ないタイミングであれば、近い方面に走り出すとベターだと思われます。その他にも京都駅周辺は当然店舗が多く、マクドナルドなどのUber Eats対応のファーストフード店も多く、鳴りが悪い日は、京都駅や河原町周辺を移動してみるとリクエストが鳴りやすくなる可能性が高いといえます。
京都エリアは碁盤目状の地域が多く、信号予測しやすいなどの特徴があるため、土地勘がある人にとってUber Eatsは稼ぎやすい立地だと思います!

Uber Eatsで稼げる人と稼げていない人がいる

これは事実です。

私は趣味がてら、Twitter・Youtube・5chなどのUber Eats関連の情報は都度チェックしています。
もちろん中には不確かな情報も多いです。

ただ、スクショ付きで稼ぎを公開している方で似たような地域で稼働している方を比較しても稼げる人と稼げていない人がいます。
すべての報告が真実ではないと思います。

ただ、稼げないと見かける日でも、私個人としては普通に忙しい日もあります。

Uber Eats側が配達パートナーを選別しているとしたら以下の条件です。

MEMO
  1. お店との距離(+移動しているか否か)
  2. 配達リクエストの受諾率
  3. 配達速度
  4. 配達パートナーの評価

これくらいしかUber Eats側が配達パートナーを選別する方法はありません。

定期的に稼いでいる人がいる以上、これらを改善していくことが稼ぎを良くするポイントです。

京都エリアで配達パートナー登録前にオススメの招待コード

Uber Eatsには稼ぎだけがメリットではなく、自由な働き方があります。
シフトもなし。上司もなし。働くも休むも自由とすべてが自分の思いのままです。

京都エリアで配達パートナーとして登録を検討中の方必見の招待コードの取得方法があります。

ぜひ以下の記事を参考にしてみてください!

Uber Eats招待コードをGetしてパートナーになる